私にとって介護とは?!

おはようございます。
今日は私にとっての『介護』について。

かな□+を作ろうと思ったきっかけはここにもあった。

最初の最初は居場所がないって母が言ったことなんだけど、次にふわっと浮かんだのが『ダブルケア』

つまり、自分が育児と介護のダブルになってしまうこと。

今、両親は香川に住んでいるから、香川と姫路ではなかなか難しいなと思ってて。だから、かな□+の横にはセカンドハウスが建つことになったんだよね。


介護に対するイメージ
私は介護に対するイメージはあまりよくない。あまりどころか、良いイメージは持っていなかった。

でも昨日、これに参加してガラリと変わった。
ずっと行ってみたかった明石にあるかなえ場さんで開催された『30人で担当者会議をやってみよう』

担当者会議とは、家族やケアマネジャー、介護士さんなど4〜5人くらいで介護する方のことを話し合う会議のことだけど、それを30人でやっちゃおう!っていう企画。

事例は、私が大好きな人のお母さんでした。そのお母さんにもずっと会ってみたかったけど、会ってみるといろんなことがドドーッときた。

私のおばあちゃん。

まず、私のおばあちゃんとものすごくかぶって見えたこと。だからなかなか近くに行けなくて、なんだか遠くで眺めてしまったんだよね。ほんとは近くに行きたいのに。手を握ったり、話しかけたりしたいのに。
でも全然近付くことができなくて、でもずっと遠くから眺めてた。

おばあちゃんの時もそうだった。おばあちゃんは若年性アルツハイマーで、とっても若い時に発症したから、私もまだ幼かったから、私に何かできるわけじゃなかったし、何もできないと思ってた。だからなんとなく近くにいるけど、ちょっと遠い・・・みたいな距離感でいた。

だからこそ私ができること
実際の距離感はあるんだけど、心の距離感だけは近くでいたいって、昨日も思っていた。おばあちゃんの時も。

何かできるわけじゃないけど、寄り添って、人としての尊厳を大切にして、今できることを最大限引き出すには?って一生懸命考えた。
その人がその人らしく生きていけるにはどうしたらいいんだろう?って考えた。

私にはこれしかできなかった。


目の前の人のことを大切に想う
これって介護だけじゃなくて、全てに繋がると思ってる。

心やすらかに

毎日

笑顔で楽しく暮らす

仲良くね


ここに繋がると信じてる。



これからの介護の未来は明るい?
私はすっごく暗いものとしか思ってなかったから、この担当者会議に参加してみて光が見えたような気がしたんだ。

介護士とか、看護師とか、ケアマネジャーとか、肩書きなんて関係なくて、ただただ目の前の人のことをみんなが想って話し合う関係性が、もしかな□+で作っていくことができて、地域の子どもたちを地域のみんなで守るのと同じくらい、介護が必要な方を見守れるような地域になれば、介護の未来は明るいんじゃないかなって。

簡単なことじゃないけど、でもかな□+を通してそんな地域になればいいなって感じたから。

介護を家族だけが抱えない未来に
どうしても介護って、その家族だけが抱えてしまって、介護=マイナスな部分がとっても多いと私は思っていたから。介護を家族だけが抱えない未来になったらいいな。


少しずつカタチにしていこうって決めました‼︎また力かしてください♡


変顔な長女と(笑)

福岡加奈のHAPPY☆STYLE

ママでもなく妻でもなく、福岡加奈として、ありのままの自分の人生を生きてもっと自分を好きになるために家族と夢を叶えていく奮闘ブログです。かな◻︎+準備中♡

0コメント

  • 1000 / 1000